今年の6月10日よりスタートしました「第6期石材業界版ワクワク系マーケティング実践講座」。7月1日に2回目の講座が行なわれました。

 

今回はオラクルひと・しくみ研究所の青野志のぶ氏によるファシリテーションのもと、見込み客→新規客→リピーター→絆顧客→応援者へと繋げていく「顧客の旅デザインマップ」づくりを行ないました。ここでは、参加者一人ひとりがお客様のことを考えながら、各社で現在、行なっていること、出来ていないこと、そして、やりたいこと等を紙に書き出していき、それを各4人のグループでシェア。自分の考えを他の方たちに聞いてもらうこと、また他の参加者の取り組み・考えを聞くことによって、視野やアイデアがどんどん広がってきます。

この「顧客の旅デザインマップ」づくりを通し、自社の「今」と「今後の課題」が明確になってくることとなり、参加された皆さんにとって非常に有意義な時間になったことが感想文からも読みとれます。講座終了時には、今回の講座で見えてきた各社の課題をクリアすべく、次回の講座(9月2日)までに具体的に実践していくことが宿題として出されました。どのような結果・成果が出てくるのか、次回の講座も楽しみです!(山口康二)

 

参加者からのアンケート回答より(抜粋してご紹介)

  • 自分の仕事をここまで細分化して見直したのは正直はじめてでした。多くの課題・修正点が見つかったことは本当にありがたく、明日から早速取り組んでいきたいと思います。
  • 顧客の旅デザインマップづくりを通して自社の足りないところややるべきことがだいぶハッキリしてきたように思います。今日すべてをすぐにはできないけれど、一つひとつ着実に実行していこうと思います。またこのマップを見直し、意識しながら仕事をしていこうと思います。
  • 普段あたまでなんとなく考えていることを文章化・言語化することで新たに見えてきたものがたくさんあったように思います。いきなり大きいことはできませんが、小さなことから少しずつ、気付いたことの一歩を踏み出せたらと思います。
  • 人にフォーカスする感覚が、少しずつですが、わかりかけてきたので、次回もっと成長できるよう自分に期待しています。
  • ワクワク系と顧客の旅デザインマップへの理解が一歩進んだ気がします。大変充実した時間になりました。
  • 自社ができていないことに気づく良い機会となりました。皆さんからいただいたフィードバックを活かせるよう努力していきます。