お知らせ

石材新聞フィード

今日も遅めですので皆様こんにちはと挨拶させていただきます😄

本日は日本石材工業新聞に掲載されている無料POPのほうを頂き張り出ししました。

お彼岸も近くなり定期的にお参りに行かれる方もこういった張り紙を見て思い出して行かれる方もいらっしゃるので目立つところに張り出しています。

こちらはまだまだ見られている方は少なくはありますが少しでも目に止まり思い出して頂けたらと思います。

#山口県#下松市#金子石材#彼岸#売り出し#猫#自宅#柳井#平生#広告#樹木葬#お墓#展示#終活#就活#営業#製造業#石材#POP#ポップ#営業#土曜日#日本石材工業新聞#現場#徳山#紀山#天山#インド#国産#お参り
...

2 0

石屋の皆で石焼バーベキュー。大徳石材の社長もいます。後列左から3番目。いつもと違ってスーツ着てるので妻の私が気付きませんでしたw
お店や石焼バーベキューの模様はfacebookにも掲載してます。
#大徳石材
#石材店
#大阪
#射場石利石材株式会社
#石焼バーベキュー -----------------
射場さんちで
#日本石材工業新聞 の山口ゼミの同窓会、石焼きバーベキューしてます~
...

34 0

【日本石材工業新聞様ありがとうございます】

こんにちは!安達です。
お彼岸をいかがお過ごしでしょうか?

この度、南大阪店の取り組みを日本石材工業新聞様に取り上げて頂きました。

柄(ナデ)や模様の入った原石を積極活用するという内容で、その原石をいっぱい配置した南大阪店を取材して頂きました。

もったいない、という価値観はとても重要です。使えないかな?と思う石材も、どのような価値を与えるかによっては、商品になります。

そんな意識で、日本国産石材の産地に少しでも貢献出来ればと考えています。

また、ライブカメラを使って、庵治石と大島石の丁場をリアルタイムでどこからでも見られるようにしています。

弊社の工場や展示場も繋いでおります。

墓石販売は、既に出来上がったお墓を見てもらい完成形をイメージしてもらって購入頂くのが基本です。

お墓として出来上がるまでを巻き戻すと、彫刻を施し、石を磨き、石を切り、原石から石を割ります。その元々は、大自然の中に埋まっている天然素材です。

大自然の天然素材の段階から、順を追ってご覧頂き、この山で採れる石が、さまざまな石材人の手に拠って、お墓としてあるんだね!

「ああ、石って、石工に愛されて大事にされて今、目の前にあるんだなあ」

そんなことを実感できるサロンです。

お客様はもちろん、石材店様のご見学も可能ですので、どうぞ南大阪店にお越し下さいね。

#石材店
#日本石材工業新聞
#大阪石材
...

22 0

グッと来た
#日本石材工業新聞 #安養寺 #慈鎮和尚多宝塔 #花崗岩
...

12 0

創業50周年をお祝いして7月1日付でニュースレターを発行しました‼️
おかげさまでたくさんの方々からお祝いのお言葉やお品を頂戴し誠にありがとうございました🙏🙏🙏
また嬉しい事は重なる物で、愛読している石材新聞にも「女性の視点を活かす取り組み」の特集として掲載して頂きました🥹
お墓を通し地域の方々、お客様にご縁を頂き感謝と今後の発展に活かして参ります🙏

#豊岡市石材店
#石屋
#日本石材工業新聞
#石材新聞
#創業50周年
#ニュースレター発行
...

41 0

取材を受けました②後半

先日、日本石材工業新聞に大塚の取材記事が掲載されました。こちらで紙面の様子と文章を前後半の2回に分けてご紹介いたします。2回目になります。

①からの続き…

幼い頃から石屋さんが身近に

― では、裕基さんに質問です。家業へ入るまでの経歴を教えてください。

裕基さん 私が小学生の頃、一階が事務所で、2階に祖父母が住み、3階に私たち家族が住んでいました。このような環境で育ったので、幼い頃から石屋さんの仕事は身近に感じていて、社員さんも家族のような感覚で接していただけていました。自分が生まれた時から知ってくれている社員さんもいて、いま一緒に働かせていただいていることは感慨深いものがあります。

学生時代は水球をやっていまして、高校時代にはインターハイにも出場しました。大学時代にバックパッカーをはじめて、インドや東南アジア、キューバなども旅しました。昔から好奇心は強いほうだと思っています。大学卒業後、家業とは違う仕事で経験を積みたいと思い、証券会社で3年間ほど働かせていただいた後、㈱大塚へ入社。

当社では1年目に工場での加工、本社での営業霊園管理・テレアポなど一通りの業務を研修させていただきました。2年目からは横浜支店で営業職を担当し、今年からは本社に設置されたマーケティング部で営業のサポート業務などを担当させていただいています。

前職の経験を活かして

― 前職での経験で、今に活かされていることを教えてください。

裕基さん 当たり前のことでしょうが、会社で働くという経験により、社会人としての責務であったり、上司・部下の関係、社内におけるチームワークの大切さなどを、身をもって学ばせていただいたことは、貴重な財産となっています。

また、証券業と石材業とでは全く業種が異なりますが、参考にできる取り組みはたくさんあります。例えば、社内での情報共有ひとつとっても、証券会社では上司の考えや営業に役立つ情報などを共有できるシステムが整っていましたが、当社では、そのようなものがなかったため、2年ほど前から全社員が見られる情報共有サイトを立ち上げました。

そこでは毎月1回、社長・専務・部長のメッセージを発信すると共に、営業時に役立つ情報などもアップするようにしています。この取り組みを始めてから、社員さんから「会社の考えや方向性が明確になり、働きやすくなった」という声も聞かれるようになり、立ち上げて良かったなと思っています。

― 大塚社長は、このアイデアを聞いた時、どのように思いましたか?

大塚社長 はじめは「出来るかな?」と思っていたのも正直なところですが、今では、このサイトがないと業務が滞ってしまうくらいに有効活用できています。改めて、若い感覚の大切さを実感しています(笑)。

振り返って考えてみると、自分も若い頃、父に新しい取り組みの提案をすることがありましたが、その際、父の返答はほぼ全てOKでした。自分が逆の立場になってみて、父の度量の大きさを感じると共に、自分自身も、そのようにならなければと思っています。

仕事に込める想い

― 今後の目標・ビジョンを教えてください。

裕基さん 石材業の仕事はお客様から感謝の言葉をいただける、とてもやりがいのある仕事だと思います。時代の変化と共に、お墓の形態は変わっていくかもしれませんが、大切な方を弔いたいという想いは、これからも変わらないはずです。

何かと厳しい話題の多い昨今ですが、お墓の仕事を通して、お客様や地域の方々に喜ばれるような取り組みを積極的に進めていきたい。できれば、社員の皆さんと一緒に、楽しくチャレンジしていけるような会社にしていけたら良いなと思っています。

大塚社長 もちろん目の前の数字的な目標も掲げていますが、広い意味で、お墓文化の継承に貢献できる会社になることが目標です。当社では父の代から、入社式の際、新入社員に向けて「冠婚葬祭」という言葉の意味を伝えています。

この四つの文字は人の一生における大切な節目を表す言葉で、端的に申しますと、冠は成人式などの儀式を経て一人前になること。婚は一人前になって結婚すること。葬は家族や親族の葬儀をあげること。祭は親や先祖を祀ること。

私たちの仕事である「祭」は、人の一生における大きな節目をサポートさせていただく、とても重要かつ意義深い役割を担っている。このことを胸に刻んで仕事に向き合って下さいというメッセージを伝えています。

お墓の簡素化といったことも業界の課題となっていますが、社員一人ひとりがこのような使命感をもって仕事に向き合っていくことで、お客様にも、お墓を扱う者の姿勢として伝わるものがあると思います。

私も今年で56歳になりました。これからも当社経営理念の実現に向けて日々努力していくと共に、次代の㈱大塚を担う人材育成・事業継承を視野に入れた取り組みも進めていきたいと考えています。

― 本日は誠にありがとうございました。

◆㈱大塚・本社
埼玉県上尾市緑丘2-5-6
℡048-773-1234

以上、日本石材工業新聞 令和5年8月15日号より

#日本石材工業新聞 #お墓 #墓石 #石材店 #大塚 #掲載されました
...

12 0

.
\ 日本石材工業新聞 に掲載していただきました!/
.
業界紙の『#日本石材工業新聞 』の
〜#まちゼミに取り組む石材店 〜
と題した特集ページに
弊社を掲載していただきました
.
今後とも地域の皆さまに
恩返しができるよう精進して参りたいです
.
ぜひご覧いただけますと嬉しいです(^^)
.
#業界紙 #日本石材工業新聞社
#まちゼミ
#職業体験 #職場体験
#彫刻 #サンドブラスト
#オリジナル作品 #本庄市章 #校章 #家紋
#石材店 #石屋 #お墓 #墓石 #石彫刻品
#本庄市 #本庄 #埼玉県
#児玉町 #本庄早稲田
#上里町 #美里町 #神川町 #深谷市 #伊勢崎市
#石の吉岡 #有限会社石の吉岡
...

64 0

業界紙「日本石材工業新聞」に掲載させていただきました。
#日本石材工業新聞
#滝田石材店
#俺なんかが載ってしまった
...

101 14

昨日は但馬石材工業組合の総会でした。
いつもは代表者1人ですが今回、講演会に日本石材工業新聞社の山口社長が来られると聞いて私も参加させて頂きました。
全国の元気な石材店のお話をされて勉強になり有意義な時間でした。
お話を聞いて思ったのは、どの業種にも言える事だと思いますがこのご時世SNSやオンラインが増え便利で活用もしやすいですが最終的には人と人との繋がりがどれほど大切なことかを再認識した時間でした。
講演が終わってから一緒に写真を撮って頂きました😉🙏
ありがとうございました🥹

#豊岡市石材店⠀
#石屋⠀
#墓石建立⠀
#墓石改修⠀
#戒名彫り⠀
#墓終い⠀
#墓石クリーニング⠀
#お墓お掃除代行⠀
#お墓お参り代行⠀
#法要お手伝い⠀
#納骨お手伝い⠀
#パウダー供養⠀
#粉骨⠀
#洗骨⠀
#手元供養⠀
#自宅供養⠀
#日本石材工業新聞
#日本石材工業新聞社
...

15 1

おはようございます。
先日の石材業界の情報誌
「日本石材工業新聞」にどういう事か私が掲載されました。
私の顔写真が若すぎるとのクレームや問い合わせが何件か直接きましたがほんのちょっと若かった頃の写真ですのでご了承ください笑
記事の文章は本当ですよ😀
今後とも宜しくお願いします🥺
#日本石材工業新聞
#掲載されました
#石材用機械修理
#石材関連用品
#石材用ダイヤモンド工具販売
#スギモト工具サービス
#お問い合わせはdmで
...

48 2

石材新聞ニュース 2024年2月5日号

1~3面 2023年石材輸出入・貿易統計

 
財務省ではこのほど2023年の石材輸出入に関する貿易統計を発表しました。紙面では墓石が含まれる花崗岩「製品」輸入結果をはじめ石材に関する様々な貿易結果、過去10年にわたる税関別花崗岩「製品」輸入数量なども詳しく掲載しています。

 

1面 2/23~26に北九州で「第32回技能グランプリ」

 
2月23日~26日まで福岡県北九州市を舞台に「第32回技能グランプリ(全30職種)」が開催される。石工職種の競技は西日本総合展示場において、2月24日㈯・25日㈰の二日間で予定されています。

 

4面 2023年の石材輸入と中国などの現状について

 

一般社団法人日本石材産業協会の輸入卸部会長を務める吉川信貴さん(㈲ルイ代表取締役)に、昨年の石材貿易に関する結果について感想を聞くと共に、為替変動の影響や中国をはじめとする海外の石材産地状況などについてお話をうかがいました。

 

8・9面 石材組合・団体レポート(1月)

 
今年1月に行なわれた全国各地の石材組合・団体の総会を取材。他地域の団体・組合の取り組み、活動・事業内容などは参考になることも多く、ぜひご覧ください。紹介している石材組合・団体は以下の通り。長野石材協同組合/山形石工組合/神奈川中央石材工業組合/いわき石材工業組合/静岡県東部石材加工組合/松本石匠組合/東北岡崎会/神奈川県石材業連合会/長崎県石材加工組合連合会/長崎県石材加工組合連合会・青年部

 

12面 小阪裕司のマーケティング一問一答

 
石材店からの質問「一般的に集客を増やすためには広告代などが必要になると思いますが、予算をかけずに新規のお客様を増やす方法があれば、教えてもらいたいです」。

 

好評連載中

 
5面 西本昌司の「ぶらり石めぐり」
5面 大橋理宏の「まちの石屋だからできる!」
6面 売上げアップのツボ・POP講座
7面 石ノ声「ベトナム」
10面 石材店の基礎知識「達磨」

MENU