昨日(6月10日)より日本石材工業新聞社主催「第6期石材業界版ワクワク系マーケティング実践講座」がスタートしました!今回は小売石材店、石材卸商社、石材関連業者の方々、計13名の参加となりました(継続して参加いただいている方々(会社)も複数名いらっしゃいます!)

この講座は様々な業種・業界で業績向上、価値創造の実践をサポートしてきたオラクルひと・しくみ研究所代表の小阪裕司氏による講師、同研究所の青野志のぶ氏によるファシリテーションのもとで、今年6月~来年1月まで、計5回にわたって行なわれるものです。

第1回となる今回の講座ではオラクルひと・しくみ研究所代表・小阪裕司氏によるセミナーを中心に5時間みっちりの内容でした。小阪裕司氏は全都道府県から約1500社が参加するワクワク系マーケティング実践会を主宰。人の「感性」と「行動」を軸にしたビジネスマネジメント理論と実践手法を研究・開発しており、それらを活用することで、これまでに数々の成果実例を生み出しています。

この「石材業界版ワクワク系マーケティング実践講座」においても、これまでの5期にわたる講座で以下のような成果・成功事例が生み出されています!

○手加工技術を活かした高級石塔等の販売が前年比500%に!

○墓石以外の売上が前年比100倍以上に!

○これまで販売できなかった空き墓地が一週間で完売!

○墓石契約件数が前年の倍に!

○国産石種に絞った墓石販売数が前年比200%に!

○一石五輪塔・お地蔵様の彫刻販売数が前年比200%に!

○石材店への来店者数が前年の3倍に!

○開店前から石材店に30名ほどの行列ができていた!

○展示会の来場者数が前年比140%・単品売上が前年比195%に!

○講座に参加したら新商品ができていた! 等々

今回のセミナーでは、これから始まる各自の実践に向け、今という時代に求められる商いへの視点・取り組み方などについて、しっかりと学ぶことができました。受講後、参加者からは「今まで見逃していたことを多く発見できました!」「大変勉強になりました。即実践します!」「気づきが多く、モチベーションが上がりました」など、前向きな声を多くいただくことができ、今期も「必ず良い結果が出るはず!」と強く感じた講座となりました!(山口康二)