去る8月27日、日本石材工業新聞社主催「第5期 石材業界版ワクワク系マーケティング実践講座(第3回講座)」が行なわれました。

オラクルひと・しくみ研究所 青野志のぶさんによるファシリテーションのもと、今回の講座では第2回講座(7月2日開催)後、各社の課題をクリアしていくために行なってきた実践結果(動機づけ・絆づくり)を発表+参加者同士で意見交換しあう内容が行なわれました。

1ヵ月半の間にそれぞれが実践してきた内容は実に多彩です。新たに店頭に設置したPOP・ニュースレターの発行により顧客からの好反響を得られた事例、顧客に選ばれる存在になるために新たな販促ツール・展示コーナーをつくられた事例、石材工場をユーザーとの接点・絆づくりの場にするための実践事例、顧客へのおもてなしの姿勢を変えた事例、顧客と新たなコミュニティをつくられた事例など、どれもワクワク感あふれる興味深いものばかりでした。

講座では各自の実践内容が今後より良いものにブラッシュアップしていくために、青野さんや他の参加者から活発な意見・アイデア等が数多くあげられ、13時~18時までの5時間があっという間に感じられる充実した講座となりました。

次回の講座は10月29日。それまでに、参加者それぞれで、また新しい実践を重ねていくことになります。次回の講座も楽しみです!(山口康二)