以前よりお伝えしていましたように、6月2日より、小売石材店を対象とした「石材業界版!ワクワク系マーケティング実践講座」をスタートしました。この企画は、弊社創業60周年記念事業にて講師としてお招きしたオラクルひと・しくみ研究所代表・小阪裕司氏の提唱する「ワクワク系マーケティング」について深く学び、石材業界に特化し形で具体的に「実践していこう!」というものです。

第一回目の講座は小阪裕司氏による3時間30分にわたるセミナー、そして小阪氏と先輩実践者(小売石材店)とのクロストークを含め計4時間みっちりの内容でした!

小阪氏のセミナーでは「今日の(これからの)消費社会において、お客様の「買いたい」を創り出し、選ばれる会社になり、愉しく長く商いを営むには」というテーマをもと、「これから商いがうまくいくためには何が必要なのか」「人の買うを生むメカニズムにもとづく商いの重点課題」「動機づけ・絆づくりの実践法とその真意とは」などについて詳しく説明。

もちろん理論だけでなく、「過疎地で廃業を考えたスーパーが過去最高の売上を達成した事例」、「二年先まで受注が埋まる住宅会の事例」、「日本酒や呉服業界での成功事例」など、具体的な実践事例など交えながら語られるわかりやすい解説に、参加者も熱心に耳を傾けていました。

その後の小阪氏と先輩実践者とのクロストークでも、実際にお客様に喜ばれ支持されている取り組み事例はもちろん、仕事に対する考え方や姿勢など、即石材店の現場で役立つ内容が共有されており、こちらも大変意義深く、非常に学びの多い内容となっていました。

この実践講座は全5回開催されることとなっており、今後は各石材店さんが各自実践し、講座内にて分析・検証を繰り返しながら進めていく、まさに実践型の内容になってきます。講座後に懇親会を行ったのですが、参加者の皆さんの前向きでヤル気に満ちた姿勢を見ながら、「必ず良い成果が出るはず」と強く感じました!今後の展開がものすごく楽しみです。

弊社もしっかりとサポートできるよう努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。(山口康二)