石都・岡崎で手がけた石製品の魅力を広く発信することを目指し、愛知県・岡崎産地の若手石工有志が協力して「岡崎MASONS」を立ち上げました。彫刻・灯籠・鳥居・墓石等の加工、中でも叩きやビシャン仕上げなど岡崎ならではの手加工を得意とする“作り石屋”で構成されており、その活動の第一弾として8月23日~25日まで開催される「ジャパンストーンショー2017」に出展します。

「岡崎MASONS」ロゴマーク

岡崎産地の活性化、岡崎石製品の市場開拓を目指して設立された「岡崎MASONS」は現在、下記の9社で構成。ジャパンストーンショーでは各社得意の手加工製品・アイデア作品など多彩な石製品が展示されることとなっています。代表の吉田秀徳氏は、ジャパンストーンショー出展以降の活動は未定だが、「出来れば今後もメンバーを増やしながら、石都・岡崎産地を盛り上げていけるような活動ができればと思っています」と話しています。

なお、ジャパンストーンショー出展に向け、岡崎MASONSの9社(石嶽石工業㈲、㈲磯貝彫刻、上新石材店、㈲上野石材、楠名石材商会、㈲杉本石材店、㈲ストーン上一、石彫の戸松、㈲丸吉 吉田石材)に関する紹介動画を下記にアップしています。ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCWmCm1mrlvTiUuiWPTgacAQ